不動産担保ローン解決マニュアル
高い金利の少額のローンを不動産担保ローンを利用して一気に返してしまう、そして、不動産担保ローンの返済で一本化するというメリットははかりしれない
Show MenuHide Menu

不動産担保ローンは不動産を評価するところから始まる

2014年7月5日

不動産担保ローンは個人の信用を担保にするものではなく、土地や建物などの不動産を担保にするものですので、キャッシング・ローンなどでは用意できない額の金額を借り入れることが出来るものです。

ただし、キャッシングの場合には心配するのは金利だけと言っても過言ではありませんが、不動産担保ローンの場合には手数料や経費なども掛かることを知っておく必要があります。

不動産担保ローンはお金を借りためにお金が必要という金融商品なのです。

初めての不動産担保ローンで一番理解するのが難しい点であり、しっかりと理解しておかなければ本当に不動産担保ローンが低金利かどうかが分からなくなってしまうポイントなのです。

まず、不動産担保ローンは不動産を評価する必要があり、その審査には費用が掛かるのが普通です。

キャッシングでの信用情報は簡単にチェックできますので、審査に時間が掛かることも特別な費用が掛かることもありません。

しかし、不動産はどこの土地にあるものなのか、そして、その内容は全て違うといってもいいものですから、担保能力がどれくらいあるのかは、審査をする金融機関によっても違ってくるのです。

キャッシングの場合には年収の3分の1までの金額までしか、お金を融資してもらえませんが、不動産担保ローンの場合には数千万円の価値以上の場合もあるのですから当然ではあります。

数千万円の融資枠があっても、金融機関によっては融資上限額をもうけている場合が多いので、必要な額が借りられるかどうかの確認も必要です。